作成者別アーカイブ: taruneko

直接ではないけれど、殺していたかもしれない人に会って(2)


それまで、わたしの中の政治家のイメージは「いつも難しいことを話している、なんだか、こわいオジサン」でしかなかった。
でも「小泉さん」は、ちがった。なんといっても、外見がステキだった。
今までの、「ごっつい政治家のオジサン」ではなく「なんだかスマートで、ステキな男性」に見えたのだ。
しかも、三人いる息子さん達はとてもかっこよく、なんと一人は俳優さんになってしまった。
そして「小泉さん」には離婚歴があった。
政治家の人は家族円満をアピールするもので、離婚なんてしないと、思い込んでいたわたしは「この人は今までの政治家とは、なにかが違う!」と感じずにはいられなかった。
もう、わたしはこの「小泉首相」に「親近感」と「興味」が沸かずにはいられなかったのだ。
そんな匂いを察してか、テレビのワイドショーや夕方のニュース番組では
「小泉フィーバー」と称して「小泉さん」のことが、朝から晩まで流れていたように思う。
「純ちゃんまんじゅう」なるものが売られ「大人気です!」とレポーターが興奮気味に伝えていたり、相撲で優勝した貴乃花に「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!」と賛辞を送り「感動した!」が流行語になっていた。
「小泉さん」がいるところに、たくさんの人(主に女性)が集まり「純ちゃーん!」と声援が飛び、それに笑顔で手を振る「小泉首相」の映像がたくさん流れていた。
わたしは、それを見ながら「小泉さん」が「日本を、なにかいい方向に変えてくれるんじゃないか」という期待でいっぱいだった。

そんな中、テレビの中で「小泉さん」のことを、批判している人がいた。
佐高信さんという人だった。わたしは、びっくりしてしまった。
(小泉さんのことを悪く言う人が、いるなんて…!)
(せっかく「小泉さん」が日本をよくしようとしているのに、こうやって反対ばっかりしている人がいるから、いつまでたっても、話が進まないんだよ!)とさえ思った。
でも実際、わたしは「小泉さん」が何をしようとしているのか、ほとんど知らなかった。
「小泉さん」は「自民党をぶっ壊す!」と言っていたが、自民党の何をぶっこわすつもりなのか、そもそも、自分のいる政党をぶっ壊すって、どういうことなのか「構造改革なくして成長なし」とか「郵政民営化」も「聖域なき構造改革」も「三位一体改革」も、言葉は知っていても具体的に何をするのかは、わからなかった。
というか(何かするんだろう…)という認識だけで、わからなくてもよかったのだ。そんな、こむずかしいこと、本当は知りたくなかった。
「退屈」でしかなかった「政治」が「おもしろい」「なにか変わるかもしれない」「なんかわかんないけど、よくなりそう」と、思いたいだけだった。
だから、佐高信さんが具体的に「小泉さんの政策」の何を批判しているかも、ちゃんと理解もせずに、ただ、水をさされたような気がして(なんてことを言うオッサンなんだ)と不愉快になっていたのだった。

ある時、日本人がイラクで人質になっているというニュースが、目に入ってきた。

直接ではないけれど、殺していたかもしれない人に会って(1)


数日前、テレビを見ていたら、
街頭インタビューに答えている若者が映っていた。
「小池(百合子)さんのおかげで、政治に関心を持てるようになりました。」
(あっ、この男の子、わたしとおなじだ…!)と思った。
ただ、ひとつだけ違うのは
「小池(百合子)」ではなく「小泉(純一郎)」だというところだ。

今から二十年ちかく前、わたしが二十代の頃、
「小泉」さんは、とても人気があった。
と言っても、当時のわたしは
「どうしたら痩せられるのか!」
「どうしたら、人とうまくつきあえるのか!」
「今年の運勢はどうなってるのか!」
なによりも
「どうすれば、自分に自信がもてるのか!!」
それが、いちばんの大問題で、
いわゆる「政治」なんてものは、なんだかよくわからない、
まるで、退屈で難しい教科のひとつのように、感じていた。
時折「ちゃんと関心もっていないと、自分がひどい目にあうんだよ」と言う人がいても、
わたしは本気で、ぽかーん…としていた。
選挙に行って投票したり、政治にくわしくなっても、
わたしにつき刺さっているトゲは抜けない、と思っていた。
当時のわたしにとって「政治」と「わたしの問題」は、
繋がらないもので、まったくの「無関係」だった。
だから「政治」に無関心なわたしは「投票」になど、行ったことがなかった。

そんな時、テレビの中に、笑顔で手を振っている白髪頭の人がいた。
その人は「小泉」さんという名前で、日本の首相だということを、
わたしはすぐに覚えてしまったのだ。

今日、アベさんが…


今日、北海道にアベさんがきた。
知り合いが、アベさんを見に行ったのだが、
批判めいたことを言うと、私服の警官、三人ばかりが
すぐにやってきて、目の前に立ったらしい。
この話を聞いて、とても威圧的に感じ、
正直、怖かった。

私はアベさんを、テレビの中やモニターの中でしか
見たことがない。
もちろん、アベさんを支持したり、
賛成する人達がいてもいいと思う。
私は、アベ政権には反対だ。
でも、それをアベさん本人の前で表明したら、
警官がやってくるんだ…と思うと、
とても恐ろしいと思った。

権力のある人に「NO!」と言ったら、警官がやってくる…。
それは、私が小心者で臆病だから、
こんなに怖いと思うんだろうか…。

沖縄の基地の反対している人達(辺野古や高江)も
機動隊に排除されていた。

やっぱり、小心者で考え過ぎる性格の私は、
この柔軟で柔和ではない空気が、
とても息苦しく感じるので、
自分が自由に意思表示できる「選挙」に行こうと思うのだ。